私たちは三重県松阪市にある印刷を軸にした総合プロデュース会社です。製本、自費出版、看板から特殊印刷まで、お気軽にご相談ください。

HOME > CATEGORIES > 製本・自費出版 > 製本

製 本

Hardware

私たちは創業以来50年、時代とともに製本の技術を育んできました。デジタル化が進み、電子書籍という全く新しい「本」も登場しました。しかし、パソコンなどのデジタルでは補えない部分があります。それは、印刷・製本に代表される「紙」という媒体。紙が持つ独特の風合い。その風合いを愛する人々は、この日本には多いのではないでしょうか?私たちは確かな技術とノウハウで、思いを込めて印刷、製本いたします。

製本の種類

上製本
高級感があり、長期の保管にも耐えることができる製本方法。丸山上製本は主にページ数の多い辞典などに用いられます。角山上製本は開きがなだらかで優れた強度を持っているため写真集や記念誌に最適です。
並製本
上製本と比べ、工程が簡略化されるためコストを抑えることができる製本方法。背の部分の綴じ方の違いで主に3種類に分けられます。

中綴じ

表紙と中ページを開いた状態で、背になる部分を針金で閉じます。開きが良く雑誌やカタログなど広く用いられています。

無線綴じ

背の部分を合成のりで閉じる方法です。プログラムや報告書などに用いられています。

平綴じ

針金で背の内側を表面からとじる方法で、報告書や小冊子などに用いられます。本の見やすさを考慮して、ページの内側にある程度の空きをとる必要があります。

seihon-toji.jpg

※他にホッチレス製本やリング製本、テープ製本等があります。

jihi-bnr.jpg

omo.jpg

toitoi450.jpgtoitoi450.jpg